寸法公差の書き方

寸法公差の書き方

図面での公差の書き方

片振り公差の場合、公差の値は、寸法数値が大きくなる方を上段に、小さくなる方を下段に配置する。

文書での公差の書き方

文書等で公差を1行で書きたい場合、上段(数値が大きくなる方)から先に書く方が無難。
60(+0.2/0)
60(0/-0.2)
60(+0.15/+0.05)
60(-0.05/-0.15)

参考リンク

寸法公差記入上の注意点と寸法公差の使い方【大塚商会】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。