超硬合金の分類【基礎知識】

超硬合金の分類

超硬合金の分類には、切削工具用に「ISO使用分類」、摩耗工具用に「JIS B 4054」が用いられる。

「ISO使用分類」とは

切削工具用の超硬合金には「ISO使用分類」が用いられることが多い。
「ISO使用分類」は被削材を表すPMK(鋼・ステンレス・鋳物)と硬度を表す数字(10~50)の組み合わせで表示される。
※ISO使用分類と表記されることが多いが、JISでも「JIS B 4053:2013 切削用超硬質工具材料の使用分類及び 呼び記号の付け方」に同一に規定されている。
※使用分類のため、超硬だけでなくコーティング被膜やセラミック等の金属切削工具の分類に広く使われている。

◆参考リンク
被削材(ワーク)の分類【ミスミ】
JIS B 4053:2013 切削用超硬質工具材料の使用分類及び 呼び記号の付け方

「JIS B 4054」とは

摩耗工具用の超硬合金には「JIS B 4054:2020 摩耗工具用超硬合金の材種選択基準」が用いられることが多い。
「JIS B 4054」は結合相を表すVRN(コバルト・ニッケル)と、タングステンの粒度を表すFMCUと、硬さを表す数字(10~80)の組み合わせで表示される。

CIS規格とは

古いメーカーのカタログにCIS規格(超硬工具協会規格)と記載されている場合もあるが、JIS B 4054規格と同一。
参考:CIS 019D-2005(超硬工具協会規格)【みづほロイ】(http://www.mizuho-loy.co.jp/technology/whatis.html

◆参考リンク
JIS分類記号【エバーロイ】
耐磨耗用超硬工具材料【ミスミ】
JIS B 4054:2020 摩耗工具用超硬合金の材種選択基準

メーカーごとの分類

超硬メーカーは各社独自の材種を規定している。
相当材種を探す場合には「ISO使用分類」や「JIS分類」が参考になる。

メーカー別の材種表リンク

三菱マテリアル(切削用)
住友(切削用)
エバーロイ
ニッタンロイ
シルバーロイ
ノトアロイ
サンアロイ
日本特殊陶業
住友(合金素材)
富士ダイス

メーカー各社対照表リンク

工具材種対応表【三菱マテリアル】
超硬工具材ブランド対照表【竹内型材】
耐磨耗用超硬工具材料【ミスミ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です